日本を担う仕事|建築の求人に応募すれば夢への扉は開かれる

手に職を付けたいなら施工管理の派遣からチャレンジしてみるべし

日本を担う仕事

作業員

熱意を伝えるには

面接時に質問に答えるのは当たり前の話ですが、日本人は特にこういった場で自分から意見を述べることはほとんどありません。しかし、こういう時だからこそ思い切って面接官に印象付けることができるでしょう。その方法として、配属先や仕事内容、社員構成などを質問するのが得策です。また、派遣だからと切られることもないので、施工管理の職に就ける希望はあります。

短所も長所に

人と話すことが楽しみな人がいれば、そうでない人もいます。しかし、ネガティブな言葉ばかりを並べてしまうと派遣であったとしても施工管理の仕事に向いていないと思われてしまうので注意が必要です。その際は逆手を取って、「おとなしい性格ですが、丁寧かつコツコツと仕事をすることが取り柄です」というように良いイメージを伝えることが可能です。そうすることによって、採用後も真面目に業務に取り組む姿勢をアプローチすることができるでしょう。

表現に気を配る

あまりにもストレートすぎると相手を警戒させてしまいます。ですので、「雇用形態は派遣ですが早く仕事を覚えて、短時間でも先輩方と同じようなレベルになりたい」というと好印象を持たせることができるでしょう。そうすれば、施工管理という職業に無事就職することが可能になるのです。

働くために必要なノウハウ

  • 国家資格
  • 電気
  • 配管
  • 左官
  • 塗装
  • 専門知識
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 経験

心配ごとを排除

どんな仕事がありますか?

施工管理は意外と多くあり、施工計画や原価、品質、工程管理やスタッフの手配など数えれば切りがありません。しかし、やりがいは十分にあるので、職場で役に立ちたいと思っているのであれば、やってみても損はありません。

初心者でも働けますか?

はい。施工管理をしているほとんどの方が未経験からスタートしています。そして、今では現場監督や主任などになって会社を引っ張ってくれている方も多いので気軽に面接を受けてみると良いですよ。

残業はありますか?

いいえ。正社員でない限りは残業をすることがないので、プライベートを充実させることができる仕組みになっています。また、週3日から働きたいのであれば対応している会社もあるので、人事にそのことを伝えてみると良いでしょう。